92年組が凄い

サッカー界では黄金世代だの、新黄金世代だのと呼ばれた世代がありました。
そして今「プラチナ世代」と呼ばれているのが92年生まれの選手達です。
代表的な選手には武藤、柴崎、宇佐美、宮市、小川などがいます。

 武藤、柴崎は既にアギーレジャパンに召集され、どちらも得点という結果を残しました。
宇佐美はJリーグで大活躍中で、一部メディアによると次の代表戦で召集される可能性が高いとされています。
確かに、最近はアギーレの「右腕」やアギーレ本人が宇佐美所属のガンバの試合を見に来るなど、動きが活発になっています。
小川もヴィッセルでここ2、3年は安定して優れた動きを見せており、代表も視野に入っていると思います。

 そして宮市はかなり前にザックジャパンで召集された経験がありますが、怪我などもあり代表からは遠ざかっていました。
しかし、今年は怪我も治り、オランダリーグへ移籍し再起を図っている状況です。
オランダリーグ
才能だけは間違いないものを持っているので、これからに期待です。
 92年組は世界を見てもネイマール、ゲッツェ、コウチーニョ、ウィルシャーなど優れた選手が出てきており
日本の92年組もぜひ早く世界の舞台で活躍して欲しいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ